ニキビ跡のクレーターを治療|キレイな肌触りを実感しよう

女の人

酷くしない為にすること

美容整形

真皮まで損傷すると

ニキビが治った後に、ニキビ跡がクレーターのような状態になってしまうことがよくあります。こうなる原因は、ニキビができた時の炎症の強さによって皮膚の真皮がどれくらい傷ついたのかにより、クレーターができるのかできないかの違いが生まれます。炎症が皮膚の真皮まで進んでしまうと、その真皮を修復しようとコラーゲンを増やし修復をします。その修復をする時に、肌がへこんだ状態のまま修復が行われるのでニキビ跡がクレーターになってしまいます。そこで、ニキビ跡がクレーターになるのを予防するにはニキビの炎症を抑えることが重要になってきます。ニキビができた場合は、あせらずに気長にケアをすることによって、ニキビ跡がクレーターになるのを防ぐことができます。

肌の代謝機能を正常に保つ

肌の代謝機能を正常に保つスキンケアを心がけることによって、ニキビ跡がクレーターになるのを防ぐことができます。ニキビができても、肌の代謝機能が正常に働いていれば、肌は自然と生まれ変わりますので綺麗な素肌を取り戻すことができます。ニキビケアというと、油分を取ることを考えてしまいがちですが、まずは保湿ケアを最も心がけることが必要です。ニキビ跡がクレーターになる原因は、皮膚の真皮の部分が傷ついていることによって起こりますので、真皮に届くような保湿ケアが必要となります。スキンケアのときに、化粧水の後に必ず美容液でケアをする習慣をつけましょう。また、使う美容液はセラミドやコラーゲンやプラセンタなどの成分が配合されているものがお勧めです。